②ILFAR と 稲田頼太郎

NPO法人イルファーの活動は米国の研究財団であるInada-Lange Foundation
for AIDS Research(イナダ-ラングエイズ研究財団  / ILFAR)の活動の継承
 を予定しています。

ILFAR(1993年米国ニューヨーク州NPO登録)は2000年以来、ケニア共和国ナイロビ市プムワニ地区において、地域一般住民の人々へ、成人内科、小児科、歯科、鍼灸、訪問看護に加え、無料HIV検査、カウンセリング、感染者、患者の定期的経過観察、地域住民へのエイズ啓発活動、現地NGOの教育、訓練、また現地医療従事者への講義によるエイズ医療のトレーニインングなどを行っています。無料診療提供の趣旨は、感染を疑われるあるいは感染者、患者に対し徒歩圏内での無料医療現場へ地域住民と共にアクセス出来る道をつけ、エイズ医療のモデル体制を構築し、適切な薬剤による適切な恩恵を受けることが出来るようにすることにあります。

ILFARについてはILFARのホームページ( http://www.ne.jp/asahi/ilfar/home/) をご参照下さい。

稲田頼太郎及び、ILFARの歩みは http://wp.me/p1FN8K-84 を参照下さい。

   

広告

②ILFAR と 稲田頼太郎 への2件のフィードバック

  1. 平野光子 より:

    テレビを見て感動しました。私に気持ち程度ですができる範囲協力出来たらと思います。どの様にしたら良いですか?

    • 通りすがりの支援者 より:

      まだご覧になっているか分かりませんが失礼いたします。
      ホーム画面、ご寄付をクリックしていただくと振り込み口座等見られると思います。

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中