第26回無料診療キャンプ報告(By宮城島)  2017年09月19日:いきなりフルスロットル!(9月18日一般外来初日)

DSCN1748
この時期のナイロビの朝はむしろ寒いが、太陽が昇ったとたんに暑くなる。晴天の中9時前にはプムワニの会場に着いたのだが、昨年のようにはいかなかった。まだ各ブースの骨組みだけしか出来ていない。行政による(意図的な?)クリニック開設承認の遅れが、準備不足に繋がったようだ。
しかし、これからが早かった。地元スタッフと我々医療集団が総出で一気に開設準備にとりかかり、10時にはオープンにたどり着く。この集中力いいな~。そう思って呑気に構えていたら、怒涛のように押し寄せる患者にあっという間に押しつぶされてしまった。
DSCN1755
喉が痛くて何も呑み込めなくなった女性。一目でわかる口腔咽頭カンジダ症。HIVは?と聞くと昨年は陰性だったと言うが本当か?直ちにHIV検査を勧めるが、仕事が忙しいから明日来ると。こういう人に限って検査からすり抜けようとする。どこでも同じだ。14歳の男の子。陰茎周囲の皮膚感染と一部潰瘍化。皮膚の形が変だから聞いてみると一週間前に割礼(包皮の切除術)をされている。ケニアッタ病院ではけんもほろろに包交もしてくれなかったと(お金がないなら追い出されるわけだ)。明らかに割礼による術後感染。もともと宗教的儀式として思春期に割礼が行われてきた地域ではあるが、医学的にも割礼によってHIV感染リスクが60%に抑えられることが証明されている。ゆえに、割礼は途上国ではさかんに推奨されているのだが、このように術後感染をして放置されている例が少なくないのではと考えさせられる。
DSCN1756
終わってみれば、小児101人、大人255人、計356人の受診登録数を数えた。初めての大道寺さんも頑張って鍼灸33件、歯科治療は17人。HIV検査は13人中、陽性者はゼロ!だった。いいことだ。
10時オープンとはいえ、いきなりの密度の濃い診療初日だった。
DSCN1775
広告
カテゴリー: 無料診療キャンプ, 無料診療キャンプ報告 パーマリンク

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中